月刊トラックランドONLINEとは

中古トラックのレンタル・リース・買取・販売をお考えならトラックランド。 トラックランドが隔月で発刊している、月刊トラックランドのオンラインサイトです。 これまで発刊した本誌がオンラインでも読めるようになりました。 ユーザーインタビュー、お客様への納車後インタビュー、働くお客様の活躍、はたらくクルマコラム、まなびのコラムが読めるようになっています。コンテンツごとに分かれています。オンラインでしか読むことができない中古トラックや交通にまつわる豆知識やトラックランドに関するお得な情報をお届けいたします。 月刊トラックランド本誌の定期購読手続きもできるので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

0120617417

はたらくクルマコラム

キャリアカーと重機運搬車の違いってなに?種類別の特徴を解説!

「キャリアカーと重機運搬車の違いってなに?」
という疑問を抱えている方はたくさんいるでしょう。

そこでこの記事では、キャリアカーの特徴や重筋運搬車の特徴について、詳しく解説していきます。

キャリアカーって一体なに?

キャリアカーというのは、車両運搬車のことで、積載車、セルフ・セーフティローダーなどと呼ばれています。
2 トンクラスのワイドキャブでロングホイールベースのトラック(エルフ・キャンター・ダイナなど)が使われていて
・二輪車
・自動車
・トラック(小型)
などを載せることができるのです。

具体的な使用目的は、
・中古車及び新車の輸送
・事故処理
となる事が多いです。

 キャリアカーの種類

・ローダータイプ
・単車タイプ
・トレーラータイプ
です。

ローダーというのは、1台の車を運搬するタイプのキャリアカーです。
基本的には2トントラックがベースになりますので、一般的なトラックとあまり変わりがないように見えます。

また、ローダータイプのキャリアカーは、車両を1台しか運搬できないというデメリットがあります。

単車タイプのキャリアカーは、2台から5台の車を運搬することができます。
このキャリアカーは、2段になっていることが多いのですが、上段を取り外すことで1段式としても活用できます。

トレーラータイプのキャリアカーも2段式となっているのですが、単車タイプのキャリアカーと違うのは、最大6台まで積み込みができるという事です。
ただし、このトレーラータイプのキャリアカーを運転する場合は、
・大型免許
・けん引免許
の2種類を取得しておく必要がありますので、注意しましょう。

 積み込み方法

操作方法は、荷台やウインチの動作は、PTO による油圧駆動が一般的。
車の積み降ろしは荷台の下に付いているレバーまたはリモコン操作で荷台を斜めに傾けた後に、一般的なトラックのあおりにあたる道板(みちいた)を降ろして行う。
道板は、荷台の左右のレバーでロックできるようになっている。

重機運搬車って一体なに?

重機運搬車というのは、主に建設・土木工事現場で使用される、その名の通り重機を運搬するための車両のことです。
主にブルドーザーやショベルカーなどを運搬する車両のことを“重機運搬車”と呼びます。

重機運搬車のボディにも種類がある?

重機運搬車には、“産業機械運搬車”として分類されておりセーフティローダーとセルフローダの2種類のタイプがあります。
また、その他にも重機運搬車の種類がありますので紹介します。

 セルフローダー

そして、セルフローダーというタイプの重機運搬車も存在しています。
このタイプは、重機の運搬をメインとしたトラックの事です。

セルフローダーの場合は、トラックのキャビンが持ち上がり、荷台が傾斜するため、かなり荷物の積み下ろしがしやすくなります。

 セーフティローダー

セーフティローダーというのは、トラックの荷台部分のみが傾斜、スライドするタイプの重機運搬車です。
セルフローダーの場合は、キャビン自体も持ち上がりますが、セーフティローダーの場合は荷台部分しか動かないため、安全に積み下ろしをすることができるのです。

基本的には、自走できない、あるいはできなくなった重機を運搬するために使われることが多いです。
とはいえ、荷台がスライドするタイプのセーフティローダーを使う場合は、後方にある程度のスペースが必要になりますので、狭い所で作業をする場合は注意しましょう。

 平ボディタイプ

まずは平ボディタイプの重機運搬車です。
平ボディというのは、シャシーに荷台を取り付けた、最も代表的なダンプトラックのことです。
平ボディの中にも、
・高床タイプ
・低床タイプ
・超低床タイプ
などがあります。

積み下ろしの方法や、荷物の大きさに関する制限を受けにくいため、様々な場面で活用されています。

 ダブルキャブタイプ

次は、ダブルキャブと呼ばれるタイプの重機運搬車です。
これは、単純に2列の座席を完備した重機運搬車のことを指し、5人から6人ほど乗車することができます。
一方、2ドアタイプの重機運搬車はシングルキャブと呼び、2人から3人ほど乗車することができます。

 カーゴクレーンタイプ

最後は、カーゴクレーンタイプの重機運搬車です。
これは単純に、クレーンを搭載しているトラックのことです。
カーゴクレーンには、
・1トン未満~25トン
など、様々な種類が存在しています。

ただし、カーゴクレーンに搭載されているクレーンを操縦する場合は、
・小型移動式クレーン運転特別教育
・小型移動式クレーン運転技能講習
・移動式クレーン運転士免許
などが必要になりますので、状況に応じて取得しておくことをおすすめします。

まとめ

このように、キャリアカーや重機運搬車には、それぞれ特徴があります。
ただ、どれも重機の運搬、車両の運搬において欠かせない車両になるため、今後も活躍し続けると言えるでしょう。

ただし、それぞれのトラックで積み込み方式や必要免許なども異なりますので、導入をする際や運転をする際には注意が必要です。

▶【トラックランド】の中古車両はこちらから

バリエーション豊富なダンプの基礎知識をご紹介!前のページ

トラクタヘッドとは?特徴や新車、中古車の価格相場を解説!次のページ

カテゴリー

月刊トラックランド本誌の定期購読ご希望の方はこちら
月刊トラックランド本誌バックナンバー
働くクルマの総合サイトトラックランド
PAGE TOP