月刊トラックランドONLINEとは

中古トラックのレンタル・リース・買取・販売をお考えならトラックランド。 トラックランドが隔月で発刊している、月刊トラックランドのオンラインサイトです。 これまで発刊した本誌がオンラインでも読めるようになりました。 ユーザーインタビュー、お客様への納車後インタビュー、働くお客様の活躍、はたらくクルマコラム、まなびのコラムが読めるようになっています。コンテンツごとに分かれています。オンラインでしか読むことができない中古トラックや交通にまつわる豆知識やトラックランドに関するお得な情報をお届けいたします。 月刊トラックランド本誌の定期購読手続きもできるので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

0120617417

はたらくクルマコラム

バリエーション豊富なダンプの基礎知識をご紹介!

土砂や産業廃棄物などの運搬に活躍のダンプトラック。
なぜ「ダンプ」と呼ばれてるかというと、【dump→どさっと落とす、中身を下す】という意味から派生しています。
このように、英語がもとになっているダンプですが、和製英語ですので、海外では通じません。

この記事では、ダンプにはどんな種類があるのか、どのような仕様があるのか、詳しく解説していきます。

ダンプの種類

 リアダンプ(標準ダンプ)

荷台を傾けて積み荷を降ろす、建築土木の現場・産業廃棄物処理場などでよく使用されている標準ダンプのことをリアダンプと呼びます

 土砂禁ダンプ(土砂等運搬禁止車両)

土砂等を積載して走行してはいけないダンプのことで、土砂禁ダンプに土砂を積んだ場合は違法となります。
車検証(その他検査事項)には「積載物は、土砂等以外のものとする」と記載があるので確認してみてください。

また、土砂を運搬する際は、国土交通省に認可の届け出をしなければなりませんのでご注意ください
【対象車両】
土砂等を運搬する大型自動車(最大積載量が5tまたは車両総重量が8tを超えるもの)

 深ダンプ

主にペットボトル・発泡スチロールなどの軽い積載物を運搬するダンプのこと
なお、土砂禁止ダンプと呼ばれ、土砂の積載は禁止されているため運べません

 Fゲート(Lゲートダンプ)

アオリが通常ダンプよりも板が浅く、土砂・岩を運搬するためのダンプです。特徴としては、下側のヒンジが開閉するため、土砂を落とす際はダンプアップして滑り落とすことが可能です。

 サイドダンプ

左右に荷台が傾きますので、横からの荷下ろしが可能です

 三転ダンプ

左右にも傾くため、荷降ろしのスペースを気にすることなく臨機応変に使い分けることが可能です。
切り替えレバーをセットするだけで、後ろにも傾くため大変便利なダンプです

 重ダンプ

積載量が11トンからを超えるダンプのことで、300トンにも及ぶ超大型ダンプもあります。
重ダンプとは11トンを超える車両すべてのことを指し、公道を走ることができません。
主に、用途は鉱山・積載上・工事現場などで使用されることが多く土砂・鉱物の運搬に使用されます。

 ローダーダンプ

スライド機能を兼ね備え、1台に2通りの役割を果た便利ダンプです。
1つめは、土砂運搬。2つめは、小型建機を運搬・積み降ろしが可能です。
ローダーダンプは、車両運搬用として使用されることが多いです。

ダンプ規制法律

交通事故防止を目的としした、法律です。違反した場合下記の処置が課せられます。

 土砂等を運搬する大型自動車による交通事故の
 防止等に関する特別措置法

第二十条 次の各号の一に該当する者は、三万円以下の罰金に処する。

一 第四条の規定に違反して、表示をせず、又は虚偽の表示をした者
二 第九条第一項の規定による命令に違反した者
三 第九条第三項の規定に違反した者

ダンプのアオリの種類を紹介!

ダンプの重要な機能の1つに、「あおり」というものがあります。
あおりとは、荷台を囲んでいる板のことを指し、荷物がこぼれおちるのを防止してくれます。

あおりにはいくつかの種類があるので、それぞれのあおりの特徴について、詳しく見ていきましょう。

 板チョコ

板チョコあおりというのは、もっとも一般的な形で、街中で見かけるダンプの多くに取り付けられています。
仕切りが四角形の枠で囲まれているため、このような名前が付けられています。

 額縁

あおりを縁取っているような形をしていることからこのような呼ばれ方をしています。
額縁あおりを取り付けることで、荷台部分がかなりすっきりと見えるため、ドライバーなどから絶大な人気を集めているのです。

 船底

これは、あおりの底部分が傾斜しているタイプのことを指し、運転席から見ると船底に見えることから、このような呼ばれ方をしています。
また、船底あおりというのは、垂直なあおりと比べると土砂がつきにくいことから、土砂ダンプに取り付けられることが多いです。

 面一

通常、あおりの表面はでこぼこしていることが多いのですが、この面一あおりは1枚の板で作られているため、でこぼこがありません。
この面一あおりをつけることで、見た目がかなりシンプルです。

まとめ

様々なところでよく見かけるダンプカーにも、意外とたくさんの種類があります。
また、荷物の落下などを防ぐ「あおり」にも種類があり、それぞれで素材や高さが異なってきます。
また、ダンプというのは中古としても多く出回っているのですが、安易な考えで購入してしまうと、後悔することになってしまいます。
そのため、中古ダンプの購入を検討しているのであれば、今回紹介したポイントをしっかりと確認し、自分の目的に合った、状態のいい車両を慎重に見つけていきましょう。
【トラックランド】では、アルミウィング、ダンプ、トラクタヘッド、トレーラから商用車まで常時豊富な在庫を取り揃えています。在庫にない車両も、お客様のご要望に応じて探すお手伝いをいたします。

▶【トラックランド】の中古車両はこちらから

冷凍車とは?保冷車との違いや種類、注意点をわかりやすく紹介!前のページ

キャリアカーと重機運搬車の違いってなに?種類別の特徴を解説!次のページ

カテゴリー

月刊トラックランド本誌の定期購読ご希望の方はこちら
月刊トラックランド本誌バックナンバー
働くクルマの総合サイトトラックランド
PAGE TOP