月刊トラックランドONLINEとは

中古トラックのレンタル・リース・買取・販売をお考えならトラックランド。 トラックランドが隔月で発刊している、月刊トラックランドのオンラインサイトです。 これまで発刊した本誌がオンラインでも読めるようになりました。 ユーザーインタビュー、お客様への納車後インタビュー、働くお客様の活躍、はたらくクルマコラム、まなびのコラムが読めるようになっています。コンテンツごとに分かれています。オンラインでしか読むことができない中古トラックや交通にまつわる豆知識やトラックランドに関するお得な情報をお届けいたします。 月刊トラックランド本誌の定期購読手続きもできるので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

0120617417

ユーザーボイス

有限会社西浦商会
代表取締役 西浦 剛史 氏

本  社:福井県敦賀市木崎13-1-1 ひまわりビル2階
高松営業所:香川県高松市池田町1598-2
事業内容:一般貨物自動車運送事業<冷凍・冷蔵食品輸送、雑貨輸送、近・中・長距離輸送>・登録電気工事業者・一般用電気工作物・産業廃棄物収集運搬業
従業員数:ドライバー26名、事務員6名  所有台数:30台(転貸車両含む)
転貸車両:「リースdeスグのりPLUS」三菱ふそう大型アルミウィング2台・日野大型冷凍バン2台・大型冷凍バン2台

『対価と報酬』正直に人と関わる。
全てがウィンウィン(win-win)の関係でいられるように。

平成19年(2007年)32歳で起業。周りから求められる声に応じて仕事の内容も徐々に大きくなっていく。
3年前、当時、休眠状態だった平成3年10月創業の運送会社を買収することに。
そこから事業規模が急激に拡大し従業員数は32名に。車両所有台数は3台から一気に30台へ。
関西―関東、中京や九州へも仕事が広がっている。現在45歳。西浦剛史社長にお話を伺った。

―起業したきっかけを教えてください。

生まれは大阪です。19歳で自動車整備士の国家資格を取得し2年間は整備士として働きました。車に携わる仕事をしたいというのは小学生の頃からの夢だったんです。
物心つく前から乗り物が好きでプラモデルで遊んでいましたし、小学校の頃から図工が好きで手先も器用な方だったので車を修理することに興味を持ち、自然と自動車整備士の世界へ進みました。
大好きな車の整備の仕事でしたが満足のいく給料ではなかったですね。夢のある仕事だし資格も取ったけど、将来に対する不安があった。そのうちトラックドライバーにと夢を抱くようになり22歳からトラックに乗り始めましたが、そこでも給料に対する疑問がありました。
楽して売り上げが伸びる人もいれば、大変な思いをしても給料が上がらない人もいる。より良い給料を求めて3、4社経験しましたが、行く先々で同じだったんです。会社を変えても現状は変わらない。
自分のスキルもそうなんですけど、4トンしか乗れなかったらこれしか稼げない。じゃあ10トンだったらと徐々に大きい車に変わり、28歳、敦賀でトレーラーのドライバーになりました。
ドライバーの中では最高峰のトレーラー運転手ですが、給与体制に対する矛盾を感じる日々。組織としてのグレーな部分が見えることもあり、疑問は変わりませんでした。何でもできる人は重宝されて仕事が途切れない。だから自分も何でもできる人間にならなければダメだと思ってやってきましたが、正当な評価には繋がらない。もっと稼げる自分がいるというのは自覚していたんです。そこで、いつしか自分で事業をしようと考えるようになりました。

―32歳で起業

32歳の時にトレーラーヘッドを購入し起業しました。ただ、返済期間中は収支が合わずマイナスになった時期もありました。妻は夢があるならやったらいいよとサポートしてくれましたが、その頃が一番苦しかったですね。辛くて途中で辞める人も多いけど、自分は家族に我慢を強いているので途中で投げる訳にもいかない。踏ん張って減価償却を終わらせるしかないとの思いで2年、やっと正真正銘、自分のものになりました。そこがスタートだと思ってます。

‒起業の頃に支えてくれたのが(株)陽翔通商の山本哲男社長(月刊トラックランドvol.25ユーザーインタビュー掲載)だそうですね。山本社長との出会いは?

敦賀港は北海道からのシャーシが降りてトレーラーで配送という仕事があるんですが、そこで知り合いました。28歳でトレーラーに乗り始めた頃から山本社長の存在は知っていました。” 筋肉マッチョで物凄く稼ぐ人がいる” と業界では有名な社長だったので。その山本社長がトレーラーヘッドの支払いが終わった頃に「俺と一緒にやらないか」と声をかけてくれたんです。「自分が配送している関西ー関東間の反対ルートが空いてるからおいで」と。それが会社が伸びるきっかけとなりましたね。
うちのドライバーには常に言っています。陽翔の社長がいなかったらウチはなかったと。恩人です。
今でもそんな気持ちで付き合いさせてもらっています。山本社長は喋るより先に動く人、動いて行動で見せる。だから人がついて行くのだと思います。本当に凄い人です。山本社長の赤のボルボと、私の黒のトレーラーヘッド。陽翔と西浦の2台で目立っていたと思いますよ。毎日声をかけられましたね。
人生においてのターニングポイントです。どんな人と知り合うか、縁を繋ぐかで、その後の人生が変わるということを実感したタイミングでした。

‒「リースdeスグのりPLUS+」導入の経緯

平成30年に運送会社を買収し転機となりました。大きな仕事も入るようになり中古でトラックを何台か購入したんですが、壊れたりメンテナンスが悪かったりで大変な思いの連続で、ちょうど買ったばかりの中古車の冷凍庫が壊れた時でした。中古車販売の悪いところに当たってしまうと状態の良くない車両を売るところもある。こちらは必要だから買う、値段が手頃で、外装は綺麗だし、「大丈夫ですよ、これすぐ使えますよ」と購入してもあっという間に壊れる。納車した日に壊れたこともありますよ。おかしいじゃないかと言っても契約書にサインしてるからどうにもならない。泣き寝入りですよ。連絡が付かなくなってしまう業者もありましたね。散々な目に遭いました。
そんな大変な時に山本社長に相談してトラックランドを紹介してもらったんです。「レンタルのような気軽さで借りられる。しかもフルメンテナンスで導入できるから絶対いいよ」と紹介してもらいました。令和1年(2019年)10月に問い合わせし、11月末に2年転貸サービス『リースdeスグのりPLUS+』で大型アルミウィング2台、大型冷凍バン2台、計4台契約。
12月20日には三菱ふそうの新車が納車されました。これまでは中古車購入だけでリースの経験はありませんでしたから、日々の経費の違いを明らかに実感しましたね。
月々の支払いをしていれば他は何もいらない。単純計算で売り上げが見込めるし、余計な経費がかからないので事業計画が立てやすく最高です!メンテナンスはすぐに対応してくれるので安心だし、点検前には連絡が入るので、それをドライバーに知らせるだけで対応できる。それで全てOK。全車両、リースにしたいくらいです(笑)

‒この春から更に2台のご契約をいただきました。追加車両のきっかけは?

アイスクリーム販売する会社様からの受注のため必要になりました。飾ったトラックはダメということでしたし、新車の白キャブで清潔感があるトラックランドのリースはぴったりです。白箱だと荷主さんからの評判もいいですしね。アイスクリームは温度管理が難しくマイナス27度まで冷える車が必要だったので、今回はその目的に対応できる車両を2台導入しました。
対応が物凄く早くて助かりました。電話して担当者がいなくても他の人が対応してくれるし、すぐに連絡がつく。ドライバーや運送会社のことを理解してくれているなと感じます。今回も、リース車両以外にシャーシを購入したいと言ったらすぐに用意してくれました。ちょっと待ってください、車探しますからと言っている間に仕事は逃げていく。「わかりました!」と二つ返事でできないとね。それが商売だと思います。

‒日頃、心掛けていることは?

常に『対価と報酬』です。仕事に対しての明確な数字を提示する。やったらやった分だけちゃんと報酬を出す。私は給料面でかなり苦労しましたし、20代の頃に踏ん張った自分がいるから若い子にはクリアな対価を出さなければと常に考えています。他の経営者からは給料払い過ぎだと言われますけどね(笑)でも人って大事ですよね。会社よりも先に人を大事にしないと。
忙しいけど頑張った分だけ家族全員が幸せになれる。今度みんなで旅行しようねって希望を語り合える家庭の方がいいでしょう。“従業員は宝” です。人を大切に、皆の期待に応えられるように常に正直にいたいと思います。

‒これからの夢を教えてください。

今、コロナで出来ていませんが、毎年、夏と冬にみんなを敦賀に集めて懇親会をしているんです。早く全員集合したいですね。
当社の社員寮では7、8人が暮らしています。出稼ぎのような形で仕事している子もいるので週末は敦賀に帰ってきたら布団で寝られるようにと部屋を用意しています。ドライバーもその家族も、私にとってはみんな家族。家の人の支えが必要だし、気持ちよく送り出してもらえなかったら仕事はうまくいかない。そのサポートができているのがいい会社だと思うので、家族も含めて支え合う。社長って改まる感じじゃなくて、冗談言いながら仲間、兄貴のような感覚で付き合っていきたいですね。
従業員も家族も、そして取引先も、全てが“ウィンウィン(win-win)の関係” を築いていけたらと思います。相手あっての仕事なので、経営者として一人勝ちにならずにみんなで上がっていきたい。これからも変わらずに人を一番に考えて仕事をしていきます。

西浦社長のパワーの源、さくらちゃん(10歳)と。 西浦商会のロゴには愛娘への想いが詰まっている。

5人兄弟の長男。「昨年、他界した父は財産は残さなかったけど、家族という金銭では買えないものを残してくれました」と話す西浦社長。弟2人のサポートもあり事業規模は更に拡大する。この春には、大阪羽曳野営業所、名古屋小牧営業所も同時にオープンさせ、全国へと家族の輪を広げていく。

リースdeスグのりPLUS+ 車両、大活躍!
日野 大型冷凍バン(プロフィア)

現在リース中の令和2年式日野プロフィア大型冷凍バンは、高床後2軸、左サイド観音扉、サーモキング製-29度設定、2層式、ジョルダー4列、スタンバイ付。

 

タカネットサービスと株式会社カーチスホールディングス<br>中古車買取・販売における事業提携を開始前のページ

トラック乗務員のお仕事 1日密着特集 !次のページ

カテゴリー

月刊トラックランド本誌の定期購読ご希望の方はこちら
月刊トラックランド本誌バックナンバー
働くクルマの総合サイトトラックランド
PAGE TOP